Category - INTERVIEW

モノ、コト、ヒトを柔軟に取り入れながら、 京都の街と一緒に動いている百貨店になれたら。

view : 86

市橋「いい写真はどんな色でもいい写真。プリントでいろいろ細工をしないといけない写真は、いいものが写っていない」

view : 121

市橋織江×百々俊二対談@入江泰吉記念奈良市写真美術館 vol.02

百々「四隅がしっかりしている写真は、写された世界の向こうがこちらに届いてくる」
市橋「隅々まで世界を見たいがために、中判カメラを使っていました」

view : 158

レストランを経営することで感じるようになった、 料理人としての社会的責任を果たすということ。

view : 606

市橋織江×百々俊二対談@入江泰吉記念奈良市写真美術館 vol.01

百々「自分が撮りたい写真だけを撮るのがいいと思ってた」
市橋「私もそう思ってたけど、ある時点でそこまで才能がないんじゃないかと思ったこともあります」

view : 338

生産者とお客様を繋ぎ、やりがいや喜びを提供。その仕組みをつくり出すことが使命。

view : 965

東京と地方、それぞれのよさを理解し、
いいものはいいという価値観を発信していく。

view : 435

社会とのつながりにこだわった、
デザイン会社が仕掛けるギャラリー戦略。

view : 690

ソーシャルデザイン 檀上祐樹

人がつながり、行動するための
「仕組み」をデザインする。

view : 855

興國高校サッカー部 監督 内野智章インタビュー(2)ウチの選手は全員サッカー小僧なんですよ。僕もたいがいクレイジーですけどね(笑)。

プロで成功する選手を育てたい。
いつかは世界でプレーできる選手を。

view : 3,403

興國高校サッカー部 監督 内野智章インタビュー(2)ウチの選手は全員サッカー小僧なんですよ。僕もたいがいクレイジーですけどね(笑)。

ウチの選手は全員サッカー小僧なんですよ。
僕もたいがいクレイジーですけどね(笑)。

view : 5,535

ただ全国を目指すだけではあかん、
どこもやってないことをやらんと無理やなと。

view : 6,024

国立民族学博物館館長 吉田憲司さんインタビュー(2)博物館も美術館も、本来は同じミュージアム。その壁を取り払うことで全世界が見えてくる。|CREATIVE WEB PLACE SNAZZ

博物館も美術館も、本来は同じミュージアム。その壁を取り払うことで全世界が見えてくる。

view : 794

国立民族学博物館館長 吉田憲司さんインタビュー(1)地球全体の民族学・文化人類学を網羅した、これだけユニークな組織はどこにもない。|CREATIVE WEB PLACE SNAZZ

地球全体の民族学・文化人類学を網羅した、これだけユニークな組織はどこにもない。

view : 577

大楠雄蔵インタビュー(2)テクニックではなく一拍を大切に四分音符をしっかり美しく奏でる。それこそが僕の個性。

テクニックではなく一拍を大切に
四分音符をしっかり美しく奏でる。
それこそが僕の個性。

view : 601

大楠雄蔵インタビュー(1)アーティストをバックで支える縁の下の力持ちのようなスタジオミュージシャンに憧れて。

アーティストをバックで支える
縁の下の力持ちのような
スタジオミュージシャンに憧れて。

view : 828

岩永大介インタビュー(1)自分にしかできないもの。日本人にしかできないもの。現在進行形で刺激を受けたものをカタチにする。

自分にしかできないもの。
日本人にしかできないもの。
現在進行形で刺激を受けたものをカタチにする。

view : 1,131

岩永大介インタビュー(2)神戸の街を基盤に唯一無二のカバンを産み出す高密度なクリエイション。

神戸の街を基盤に
唯一無二のカバンを産み出す
高密度なクリエイション。

view : 1,091

グラフィックデザイナーとして大事なのはアウトプットが2割で、プロセスが8割。

グラフィックデザイナーとして大事なのはアウトプットが2割で、プロセスが8割。

view : 2,018

グラフィックデザイナーとして大事なのはアウトプットが2割で、プロセスが8割。vol.2

デザインは完成してからがスタート。
客観的な目線でブラッシュアップし続けることが重要。

view : 772