Category - INTERVIEW 1ページ/2ページ

POTTENBURN TOHKII(ポッテンバーントーキー)第1回 下町クリエイターズビレッジ

# ,# ,#

これからも色んな人を音楽で繋げたいなっていう思いはありますね。

# ,# ,# ,# ,# ,# ,# ,#

大阪万博応援ソングも、ET-KINGも、全ては人と人との繋がりがあってこそなんですよね。

# ,# ,# ,# ,# ,# ,#

フィールドレコーディングで
創り出した自身だけの音。
実在しない空想の世界を創る
音響空間を展示やライブに。

# ,# ,# ,# ,#

人の感覚に干渉する音を作りたくて
たどり着いた自然の音。
音が創りだす空間の拡張を根ざした音響。

# ,# ,# ,# ,# ,#

ホテルシーンのゲームチェンジャー、龍崎翔子。22歳の瞳に映るフォアサイト

# ,# ,#

シャンプーハットこいでさんインタビュー[vol.2]

今漫画を描かせてもらってるのも、やっぱり本業の漫才師っていうのがあるからで、そこは間違えたらあかんと思ってます。

# ,# ,# ,# ,# ,# ,#

シャンプーハットこいでさんインタビュー[vol.1]

漫才のネタを漫画にしたらおもろそう。
そこから発想が色々広がっていきましたね。

# ,# ,# ,# ,# ,# ,#

グラフィックデザイナーとして大事なのはアウトプットが2割で、プロセスが8割。vol.2

デザインは完成してからがスタート。
客観的な目線でブラッシュアップし続けることが重要。

# ,# ,#

グラフィックデザイナーとして大事なのはアウトプットが2割で、プロセスが8割。

グラフィックデザイナーとして大事なのはアウトプットが2割で、プロセスが8割。

# ,# ,#

作品撮りはインプット、広告はアウトプット。どちらが欠けても成り立たない。写真がなかったら人生つまらなかった。

# ,# ,#

モノ、コト、ヒトを柔軟に取り入れながら、 京都の街と一緒に動いている百貨店になれたら。

# ,# ,#

市橋「いい写真はどんな色でもいい写真。プリントでいろいろ細工をしないといけない写真は、いいものが写っていない」

# ,# ,#

市橋織江×百々俊二対談@入江泰吉記念奈良市写真美術館 vol.02

百々「四隅がしっかりしている写真は、写された世界の向こうがこちらに届いてくる」
市橋「隅々まで世界を見たいがために、中判カメラを使っていました」

# ,# ,#

レストランを経営することで感じるようになった、 料理人としての社会的責任を果たすということ。

# ,# ,# ,#

市橋織江×百々俊二対談@入江泰吉記念奈良市写真美術館 vol.01

百々「自分が撮りたい写真だけを撮るのがいいと思ってた」
市橋「私もそう思ってたけど、ある時点でそこまで才能がないんじゃないかと思ったこともあります」

# ,# ,#

生産者とお客様を繋ぎ、やりがいや喜びを提供。その仕組みをつくり出すことが使命。

# ,# ,# ,#

東京と地方、それぞれのよさを理解し、
いいものはいいという価値観を発信していく。

# ,# ,# ,#

社会とのつながりにこだわった、
デザイン会社が仕掛けるギャラリー戦略。

# ,# ,# ,#

ソーシャルデザイン 檀上祐樹

人がつながり、行動するための
「仕組み」をデザインする。

# ,# ,# ,#